文月悠光

お知らせ

EVENT

2017.8.11

9月8日(金)荻窪の本屋Titleにて、
文月悠光×「詩と思想」
コラボレーション・トークイベント

 

9月8日(金)19:30より、荻窪の本屋Titleにて、月刊「詩と思想」とのコラボレーション・トークイベントを開催いたします。

 

「詩と思想」の新鋭の方々より頂戴したアンケート結果をもとに進めていく、コラボレーション・イベントです。

企画してくださったのは、詩人の青木由弥子さん、梁川梨里さん。

お二人とも今年詩集を上梓された女性たちで、司会・聞き手としてイベントにもご一緒してくださいます。

今回のイベントは、「詩と思想」12月号掲載予定イベントの公開録音です。

ビギナーの方にも、次の詩集を練っている新人さんにも、満足していただけるよう、力を尽くしたいと思います。

定員間近なので、ご予約はお早めに。

 

以下、案内文より。

—-

月と光と詩の夜会――「魂の重さを与えてくれる言葉」を求めて

文月悠光×月刊『詩と思想』コラボレーション・トークイベント

 

詩が好き。読むのが好き。でも、詩を書くってどんな気持かな・・・自分でも書きたくなって、カルチャーセンターの詩の講座を訪ねてみたり、詩の雑誌やインターネットに詩を投稿してみたけれど・・・みんなは、どんな思いで書き続けているのかな・・・そんな皆さんの問いかけに、詩人の文月悠光さんが応えます。聞き手は、詩と思想新鋭の梁川梨里さんです。

 

時間:19時30分スタート/21時頃終了予定

*イベント当日、お店は18時にてクローズ、19時より開場致します

 

会場:Title 1階特設スペース

〒167-0034 東京都杉並区桃井1-5-2
八丁交差点すぐ セブンイレブン隣

> http://www.title-books.com/access

 

参加費:1000円+1ドリンク500円
定員:25名
お申し込み

手順1:メールの件名にイベント名、メール本文にお名前(氏名)/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記して、以下のアドレスに送信ください。

title@title-books.com

手順2:「予約完了」の返信をいたします。(メールの受信設定にご注意ください)。

手順3:参加費は当日会場受付でのお支払いとなります。お申し込み・ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます

 

⇒イベント詳細はこちら

 

月と光と詩の夜会――「魂の重さを与えてくれる言葉」を求めて詩が好き。読むのが好き。でも、詩を書くってどんな気持かな・・・自分でも書きたくなって、カルチャーセンターの詩の講座を訪ねてみたり、詩の雑誌やインターネットに詩を投稿してみたけれど・・・みんなは、どんな…本屋 Title

 

イベントのタイトルの元になったエッセイは、こちらで公開中です。

 

生まれ直すために――「別れ」について|文月悠光 Fuzuki Yumi|note  桜が散ってしまう前に読んで欲しいお話です。 「詩と思想」2017年3月号に、〈別れ〉をテーマに書き下ろしたエッセイです。  私はいつも言葉を探す。  私に「私」という、魂の重さを与えてくれる言葉を。 —————————    生まれ直すために  毎年桜の花を見るたびに、涙を思い出す。別れのときに流した涙のことだ。  満開の桜を眺めていると、宇宙や遠い場所へ、身体ごと吸われていく心地がする。その感覚に導かれるようにして、散り敷く花びらを一歩ずつ踏みしめていく。春がもたらす「出会い」と「別れ」の瞬間を、私は畏れながらも、自分の足で迎note(ノート)

 

 

PICK UP