文月悠光

お知らせ

MAGAZINE

2018.2.11

「すばる」3月号特集〈再発見・井伏鱒二〉にて、
エッセイ「鬼出やれ――『厄除け詩集』について」
を執筆しました。

 

「すばる」3月号の特集〈再発見・井伏鱒二〉にて、エッセイ「鬼出やれ――『厄除け詩集』について」を執筆しています。
「蟻地獄」という詩から想起した幼少期のエピソードを綴りました。

 

 

「お前は誰? 一体何者なの?」。不可解さと向き合うため、ある秋の日、私はその樹下で立ち止まり、彼を仰ぎ見た。
「おおい、どんぐり落ちてこい」。ふいに男の声がして振り返ると、歩道に寄せられた白い小型トラックの窓から、知らないおじさんがこちらをじっと見ていた。〉

 

七歳の私の運命やいかに。

 

●「すばる」2018年3月号

http://amzn.asia/01TyKg2

 

●集英社「すばる」サイト

http://subaru.shueisha.co.jp/

 

 

 

 

 

PICK UP